真・業務中のチラシの裏
(´・ω・`)やぁ、また君か
プロフィール

ぬる・・・(ry

Author:ぬる・・・(ry
鉄道と鉄馬と旅とデジタル家電とお酒のブログ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3泊4日ツーリング、in西日本 1日目
遅い夏休みが取れたのでツーリングに行ってきました。
今回は前にもちょろっとだけ話をした、和歌山西日本ツーリング、+αといった感じです。
その+αがまた命取りにならない距離だったのですが・・・

本当は調布ICから上がって、中央道で小牧まで行く予定だったのですが、Buell乗りの友人に「ソロツーいくよ」って話をしたら、友人は富士山一周して帰るソロツーを考えてたとのことなので、一宮御坂まで一緒に行こうという話に。

とりあえず、深夜3時半。道の駅「八王子滝山」に集合。
…寝袋かぶって、ベンチで睡眠ですか。そうですか。w
談合坂SAでお茶を飲んで、一宮御坂ICで別れたあとは孤独なソロツーリング。
途中でガソリン入れたり、FMラジオで気になるお天気を聞きつつ、小牧東ICで中央道を下車。第一の目的地、犬山遊園駅に向かいます。
mini_SANY0037.jpg

小雨でしたがとりあえず犬山遊園着。
名鉄に来たのは本当に数年ぶりです。確か前回来たのは八百津線とかがなくなるときでしたから・・・
モノレールの発車まで30分以上時間がありましたから少し周りを散策します。
mini_SANY0039.jpg
カード対応や自動改札はおろか、モノレール用の自動券売機もありません。きっぷは窓口で買います。

mini_SANY0031.jpg
昔は道路と共用だったい犬山橋もただの鉄道橋になっていました。

mini_SANY0050.jpg
とりあえず表から。しかし派手なラッピングですなぁ・・・
表からみるとわからないのですが、

mini_SANY0046.jpg
アメリカのCATVチャンネル、アニマルプラネットのラッピングが施されていました。

動物園駅まで3分ですが、本当にここのモノレールは怖いの一言につきます。
いきなり急登坂、そのまま左カーブで90度近く回って、成田山駅。
成田山を発車したらまた急勾配に切りとおしを潜り抜け、上り左急カーブの後に動物園駅着。
ヘタなアトラクションより迫力ありますよ?w

mini_SANY0041.jpg
運転席。中央コンソールで左右に色々機器が。結構サイバーな感じですなぁ。
扇風機がアナログですが。

mini_SANY0048.jpg
座席。これで3人がけ。大人では絶対3人掛けられません。

mini_SANY0049.jpg
日立アルヴェーグ式のライセンス。アルヴェーグ式は犬山以外にも東京モノレールが採用しています。
モノレールを満喫したら、愛知を脱出して岐阜県関市へ。

関市は刃物の町として有名で、刀鍛冶や包丁以外にも安全カミソリのメーカー、フェザー社もあります。
そして、今回関市に来た目的はカスタムナイフ。

mini_SANY0053.jpg

SETOカトラリー、世界のナイフ博物館。
社長のコレクションが飾ってあるナイフ博物館、決して広くはないのですが、狭い中にもきれいにコンセプトにあわせて展示されています。

mini_SANY0054.jpg
アメリカ歴代大統領と副大統領が描かれた折りたたみナイフコレクション。
1789年初代アメリカ大統領のワシントンから、93年のクリントンまで描かれています。

mini_SANY0061.jpg
美しい彫刻が施された料理用ナイフもあります。

mini_SANY0058.jpg
小学生時代からなじみのある肥後守もありました。

他にも、犯罪で有名になったバタフライナイフ、戦時中の医療用キット、年代物のカミソリ、中世時代に使われた儀式用ナイフなどいろいろありますが、あまり出すとキリがないのでこのへんで。
余談ですが、刃物といえば新潟県の燕市、三条市も有名なのですが、燕、三条はステンレスの技術を糧としてとして栄えたそうです。ですので、燕や三条では刃物のほかに洋食器なども有名なのです。

続いてさらに北上すると美濃市に入ります。
mini_SANY0079.jpg
美濃市駅近くには名鉄の美濃駅跡があり、いまでもボランティアの手によって保存されています。

mini_SANY0078.jpg
モ870、モ601、モ512、モ593。
モ870のゲテモノじみた顔は大好きですが、元札幌市交の車両だったんですね。説明読んではじめて知りました。
保存状態も非常にきれいで、ボランティアさんの苦労もうかがえます。

続いては一気に西に向かって美濃赤坂。
mini_SANY0093.jpg
西濃鉄道の私有貨車です。
・・・って本当は私有機関車が撮りたかったのですが間に合いませんでした。
mini_SANY0091.jpg
とりあえず貨車の色々な部分は取れたので良し。
貨車もフェンスなどに囲まれておらず開けた部分に待機していたので結構よく撮れました。
空き地とかもありましたが、さすがに入る気にはなれずにズームを目一杯利かせての撮影。
最近のデジカメはよくできてますね。

mini_SANY0092.jpg
こちらは昼飯線の廃線跡。

貨車を見送った後は大雨になり、一時的に近くのトンカツ屋で昼をかねてビバーク。
本当は谷汲に行く予定だったのですが、県道が危険雨量を超えたので通行止めとか。
今回は谷汲はあきらめ、さっさと東舞鶴の宿に向かうことにしました。

あとは翌日に続きます・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。