真・業務中のチラシの裏
(´・ω・`)やぁ、また君か
プロフィール

ぬる・・・(ry

Author:ぬる・・・(ry
鉄道と鉄馬と旅とデジタル家電とお酒のブログ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊池電車 その2
今日は取引先銀行から呼び出しがあり、銀行でいろいろ揉めてきました・・・
とりあえず、スジの通らない話なので全面的に拒否ってきましたが。

ST330089.jpg
前日組んだ6000系ですが、隙間を埋めたり形を整えるためにパテを盛ります。
2時間くらい放置して、金ヤスリ→400番→600番→1000番の順で形を整えていきます。
つか、隙間埋め忘れがあるし。
ST330090.jpg
後ろはもう少し削らないとだめかな・・・妻面に大きな傷も付けちゃったし。orz

ST330092.jpg
ついでなので5000系の妻側窓も埋めます。
妻側運転台は乗務員窓だけなので、客窓の半分をあとで撤去します。

問題の顔ですが、一応某台所メーカーから出ているようです。
ですが、通販の手数料がもったいないので無謀にも自作でチャレンジしたいと思います。
ST330093.jpg
ジャンク箱を漁っていたらこれが形として一番似ているかなぁと。雨どいの排水パイプもありますし、跡で表現の必要もありません。
何の妻面だろう・・・京王6000か?
SANY0048.jpg
ただ、問題としては5000系は今の電車とは真反対を行く下膨れ(台形っぽい)デザインなので、現物あわせにするためには結構な加工を要するかと思います。
だめなら台所メーカーの買えばいいし、気楽にやってみます。

考えてみたら、東急5000系の残党は熊本だけになってしまいました。
岳南ももう少し頑張るだろうと思ってたのですが・・・
18m級の軽量鋼体車は寿命も短いのでしょうかね。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinchirashinoura.blog44.fc2.com/tb.php/51-e4085cac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。