真・業務中のチラシの裏
(´・ω・`)やぁ、また君か
プロフィール

ぬる・・・(ry

Author:ぬる・・・(ry
鉄道と鉄馬と旅とデジタル家電とお酒のブログ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古い地図から見えてくるモノ
買ったのは今日ではないのですが・・・まぁたまには違うなにかの話をします。

近所の神社でたまに古物市が立つのですが、大半ガラクタと分かっていながらもついつい覗いてしまうのが癖なのでしょうか。
そこで面白いものを見つけたので公開したいと思います。

昭和5年発行(1930年)の古地図。
SANY0185.jpg

今は2010年ですから、ちょうど80年前の地図になりますか。
戦前の東京は今の東京23区あるわけでなく、山手線内回りと現浅草周辺から門前仲町までの一角、南は勝どき、月島周辺、西は品川、五反田、目黒周辺、さらに新宿の内側がその周辺となります。
15区を順番に並べていくと、
深川区、本所区、浅草区、日本橋区、下谷区、神田区、京橋区、本郷区、小石川区、麹町区、芝区、牛込区、赤坂区、四谷区、麻布区の合計15区。

そして昭和7年になると人口増加に伴い、江戸川区、葛飾区、城東区、向島区、足立区、荒川区、王子区、滝野川区、豊島区、淀橋区、渋谷区、品川区、荏原区、大森区、蒲田区、板橋区、中野区、世田谷区、目黒区、杉並区
と20区が追加され現在の23区に近い都市として大東京35区が形成されます。

戦後、昭和37年には太平洋戦争による人口減少に伴い、35区から23区へ併合。
これが現在の東京23区となります。

この先長いので別ページへ。
※手元の地図やGoogleマップやと比較することをオススメします。

まず、東京の中心たる皇居周辺。
SANY0186.jpg
旧本丸周辺から北側の代官町周辺はこの当時陸軍兵舎と訓練所があったのが見て取れます。
このあたりは現在の北の丸公園周辺。現在の日本武道館があるところ。

北の丸から下がって竹橋・田安門周辺は皇宮警察と馬匹(騎兵の馬)の訓練所のようです。
現在とは堀の形がかなり異なりますので、戦後辺りに埋め立てて現在の形を形成したのでしょう。

SANY0188_20100212191632.jpg
続いて東京駅周辺に行ってみましょう。
丸ビルがこの当時からあったのは知りませんでした。現在と位置は変わりません。
馬場先門から鍛冶橋通りにそって東京駅側も三菱ビルが連なる「三菱村」も今と変わりません。
東京市役所(東京都庁)は現在の東京国際フォーラム、東京中央郵便局も最近と変わらぬ位置にあります。
東京駅から南側には堀があります。今現在も変わらぬ呉服橋、鍛冶橋、有楽橋などはその当時の名残。

SANY0189_20100212192208.jpg
新橋のほうへ行ってみましょう。
「汽笛一声新橋を~♪」で始まる東海道線の起点新橋。でも都電の存在感に負けてます。w
汐留周辺はやはり貨物線がありますね。
首都高の渋滞名所でもある浜崎橋JCTは昔浜崎町というのがあったことがわかります。
昭和通りの蓬莱橋も昔は水路がありましたが、今は交差点名のみが残ります。

SANY0194_20100212192706.jpg
ちょっと飛んで新宿周辺。
いまでこそ盛り場の新宿もこの当時はこんなに端っこ。歌舞伎町なんかの記載もありません。w
この当時の京王線は新宿3丁目周辺の追分という場所から出ていました。
今の新宿御苑トンネル脇くらいになるのでしょうか。
明治通りと甲州街道のぶつかる交差点に「京王追分ビル」と言うのがありますが、たぶんあの周辺になるのでしょう。

SANY0195.jpg
ちょっと寄り道高田馬場。
西武新宿線の始発であり、この当時は東村山線と名乗っていたようです。

SANY0196.jpg
池袋。
西武池袋線は武蔵野鉄道と名乗っています。まだこの当時は西武じゃなかったんですね・・・
そして東武東上線。この当時に寄居まで開通していたことには驚かされました。

SANY0193_20100212193555.jpg
ちょっと飛びますが両国周辺。都心と鉄道はつながってないですね。房総方面への入り口としての地位を確立していたのでしょう。
国技館はこの当時から健在ですが、回向院の隣辺りなので、昔は国道14号沿いにあったのでしょうか。
今は両国駅となりにあります。

SANY0197.jpg
さらにぶっ飛んで横浜へ行ってみましょう。

SANY0190.jpg
元町・高島町という文字を見ると現在の元町・中華街駅周辺でしょうね。
貨物線らしい線路が引いてある場所は現在のみなとみらい周辺になるのでしょうか?
京浜急行もこの当時は桜木町までしか線路がありません。

SANY0191.jpg
新港周辺。現在の横浜コスモワールドあたりでしょうか。
万国橋、元浜町などの名前は今でも変わっていません。
「国際〒」なんて文字が見える辺り、やはり横浜は世界への窓口であることを証明しています。

と飛び飛びではありますが、簡単に昭和5年の地図を見ていきました。
その土地を歩いたとき、昔は~があったが現在は~がある。時代の流れによってこんなに変わってしまった地域が現在とは違う一面を想像出来たとき、古地図の面白さと言うものがあるのではないでしょうか。

この記事に対するコメント
No title
1930というと、浅草雷門駅開業の前年ですか。
銀座線浅草駅は開業していましたが、東武は亀戸経由で両国に乗り入れてターミナルとしていた頃ですね。
もう古地図とか無条件でハァハァしてしまいますね。w
ウンチク語りが止まらなくなる。www
【2010/02/12 22:04】 URL | 鈴木 #hPijvahg [ 編集]

No title
>ウンチク語りが止まらなくなる。www
ですよね~その気持ちわかります。
結構安いものもあるので、家庭にぜひ一枚w
【2010/02/15 19:26】 URL | ぬる・・・(ry #GCA3nAmE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinchirashinoura.blog44.fc2.com/tb.php/208-3e4b4cf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。