真・業務中のチラシの裏
(´・ω・`)やぁ、また君か
プロフィール

ぬる・・・(ry

Author:ぬる・・・(ry
鉄道と鉄馬と旅とデジタル家電とお酒のブログ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼の再来
先日、R2の注文をしてきました。

R2F+、5MTをベースに
色がモカブロンズ・パール、ベースキット、ETC、諸経費がついて

103万円

・・・のところ、
リアスポイラー、バンパープロテクター、リアスピーカー、リアアンダーミラーなどがついて


98万円


・・・まぁまぁってところでしょうかね。
値引きの基本は近所の店を練り歩き、
車体を見せてもらう⇒見積もり⇒考えること3分⇒ハンコ見せる⇒交渉
一見や冷やかしから客に化けた驚愕の状況から交渉開始。
泡を食った状態で見積もり・交渉する。これ、最強。
定価からの交渉から営業レベルの値引きラインなぞ言うものかな、店長レベルでの値引きを求めるのであれば、値引きよりオプションねだり。
とりあえずハンコを押す前に最終見積もり。
「嫁に今聞いてくる」
と一度店を出て、その見積もりを持って他店へ乗り込む。
この不景気、どの店も客は欲しいのが現実。
常に態度は強気で。限界を感じたら引くところは引くが肝要。
決裂したら素直にあきらめて違う店へ。

とまぁ簡単に言えばそんな交渉。
はっきり言えば

嫌な客

であることには間違いないのだけど。

で、なぜ、ここまで鬼値引きを期待するかと言うと、
5MT仕様は基本的に受注生産で、車体が届くまで1ヵ月半はかかるのである。
今が7月。今から1ヵ月半ということは・・・?

9月の中間決算直前
なのである。
中間決算の売上げ成績が冬のボーナスに直結する営業職は今のうちに成績を上げておきたいのが本音。
そこを衝いていくのが値引きの基本。

まぁ・・・
値引きをする=営業さんのインセンティブが減る
ってことなんだけど。


で、トドメの一撃はハンコを押す前に
「ガソリン満タン渡しですよね?」

( ̄ー ̄)ニヤリッ


暇つぶしに作ったヘルシングコピペの改変↓
諸君 私は軽自動車が好きだ
諸君 私は軽自動車が大好きだ

ワークスが好きだ
カプチーノが好きだ
AZ-1が好きだ
ダンガンが好きだ
ビートが好きだ
RX-Rが好きだ
アヴァンツァートが好きだ
ジムニーが好きだ
サンバーが好きだ

平原で 街道で
首都高で 高速道路で
砂浜で サーキットで
峠で 林道で
農道で 講習会で

この地上で走るありとあらゆる軽自動車が大好きだ

戦列をならべた直4の一斉発進が轟音と共にWRCに参加するのが好きだ
空中高く放り上げられたヴィヴィオが着地でばらばらになった時など心がおどる

ライトウェイト至上主義の操るダンガンがロードスターを撃破するのが好きだ
悲鳴を上げて飛び出してきたカップルを550ccターボで千切り倒した時など胸がすくような気持ちだった

ボンネット先をそろえジムニーの横隊がパジェロの戦列を蹂躙するのが好きだ
恐慌状態の営農ジムニーが岩に乗り上げたパジェロを何度も何度もチラ見している様など感動すら覚える

大排気主義の兵達を街灯上に吊るし上げていく様などはもうたまらない
泣き叫ぶ街道レーサーが私の振り下ろした手の平とともに金切り声を上げるオーバーステアでばたばたと薙ぎ倒されるのも最高だ

哀れな抵抗者達が雑多なエンジンで健気にも立ち上がってきたのを直列4気筒のスーパーチャージャーがシリンダーヘッドごと木端微塵に粉砕した時など絶頂すら覚える

高速道路の坂道でに滅茶苦茶に減速するのが好きだ
必死に走るはずだった高速道路でパワー不足になり、大型トラックの排ガスを浴びながら登坂車線を走るのはとてもとても悲しいものだ

排気量の物量に押し潰されて殲滅されるのが好きだ
大排気量の外車に追いまわされ害虫の様に地べたを這い回るのは屈辱の極みだ

諸君 私は軽自動車を地獄の様な軽自動車を望んでいる
諸君 私に付き従う大隊戦友諸君
君達は一体何を望んでいる?

更なるパワーを望むか?
情け容赦のない糞の様なアンダーステアを望むか?
鉄風雷火の限りを尽くし三千世界の鴉を殺す嵐の様なスピードを望むか?


『軽! 軽! 軽!』


よろしい ならば軽自動車だ


我々は渾身の力をこめて今まさに振り降ろさんとする握り拳だ
だがこの暗い闇の底で半世紀もの間堪え続けてきた我々にただの軽自動車ではもはや足りない!!

超軽自動車を!!
一心不乱の大超軽自動車を!!

我らはわずかに660cc 64馬力に満たぬライトウェイトに過ぎない
だが諸君は一騎当千の古強者だと私は信仰している
ならば我らは諸君と私で総力100万と1の馬力となる

我々を忘却の彼方へと追いやり眠りこけている連中を叩き起こそう
髪の毛をつかんで引きずり降ろし眼を開けさせ思い出させよう
連中に恐怖の味を思い出させてやる
連中に我々のエンジンの音を思い出させてやる

天と地のはざまには奴らの哲学では思いもよらない事があることを思い出させてやる
一千人のライトウェイトの戦闘団で
世界を燃やし尽くしてやる

「最後の大隊大隊指揮官より軽レーサーへ」
目標D1・イカ天優勝!!

第二次ゼーレヴェー作戦 状況を開始せよ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinchirashinoura.blog44.fc2.com/tb.php/170-6db4d1f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。