真・業務中のチラシの裏
(´・ω・`)やぁ、また君か
プロフィール

ぬる・・・(ry

Author:ぬる・・・(ry
鉄道と鉄馬と旅とデジタル家電とお酒のブログ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立博物館に行ってみた
今日は久々のお休みなので、宗教美術や仏像などが好きな友人(♂)と国立博物館へ行って来ました。
というのも、「興福寺創建1300年記念『国宝 阿修羅展』
という企画があり、普段は奈良県の法相宗大本山興福寺で安置されている阿修羅像や八部衆像、十大弟子像、四天王像などが展示されているとのこと。
普段は公開されていないので、今回を逃すと当分見ることができないとのことで、いい機会かなぁと。

午前中は忙しかったので、11時頃に銀座日航ホテルで待ち合わせをし、まずはランチ。
ST330281.jpg

ST330278.jpg
グラタンランチ1,100円也。
ST330279.jpg
このケーキが旨いんですよ。マジで。
サラダ、バケット、ドリンク、ケーキなどがバイキング形式で食べ放題なので、お得感は高いです。
銀座7丁目でホテルメシのランチと考えたら格安かな?ちなみに自分では定番のデートコースだったりします。
お味は上々・・・なのですが、今日の店員は接客がイマイチ。ホテルなんだからさ、もう少し考えてやろうぜ?な?

ランチの後は腹ごなしの東京駅まで銀ブラ。時間の関係で銀座パウリスタのコーヒーは飲めませんでしたが・・・w

で、東京駅から京浜東北線の快速で2駅。
ST330284.jpg
上野駅公園口。
つーか、上野駅で降りたのは数年ぶりです。駅構内の移動は何度かあったんですけどね。
国立博物館は上野公園の北側に位置します。
西側に動物園、東側は西洋美術館と科学博物館、国立博物館と動物園の間に都立美術館と奏楽堂だったかな?
あと、野口英世と西郷隆盛の銅像もあります。駅に西郷隆盛、噴水池近くに野口英世でしたっけか。
数年ぶりだから忘れました。間違っていたらごめんなさい。

ST330283.jpg
阿修羅展の看板。中では写真撮れませんので・・・
ペルシャではアスラの語源から「生命を与えるもの」としての意味がありますが、インドでは大地を干上がらせる悪魔とされてきました。
ちなみに、インドでは帝釈天が信仰され、悪魔としての阿修羅、天使?としての帝釈天として描かれるそうです。

で、まず、初めて実物を見た阿修羅像の感想ですが。
顔が三つ、腕が六本。1200年も前のものがこんなにきれいな形で残っていたとは今でも信じられません。
高さは160~180センチくらい。いまどきの成人と同じくらいでしょうか。
自分は怖い顔を想像していました。それらは四天王の持国天や増長天などの怖い顔を見て勝手にイメージしていただけなのかもしれませんが、思っていたよりイケメン顔なんですね。
顔つきもかなり柔らかく、物腰も静かそうです。
あわせた手、振り上げた手も細いながらも柔らかく削りだされ、腰巻(ズボン?)の彩色も色あせてはいるものの、相当気合の入った絵柄と美しさ。
もう、見てなんともいえませんでした。
自分は基本的に無宗教です。ですが、こういう仏像を見てありがたいと思う方の気持ちも理解できますね。
目をあわせると何かを訴えかけてくる、何かを受け入れてくれるような感覚になり、穢れを取り除いてくれるような感覚に陥ってきます。
実際美しい・神々しいという言葉がピッタリなのですから。

阿修羅展を見終わったら、友人が仕事もあるのでそのまま解散の流れとなりました・・・
自分もちょっと疲れてしまったので、秋葉原に立ち寄って帰宅の流れです。

半日だけの都内旅、地元でありながら、行った事がない場所って多いんですね。
次回は動物園からモノレールでも乗ってみようかと思っています。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shinchirashinoura.blog44.fc2.com/tb.php/139-5dda6603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。