真・業務中のチラシの裏
(´・ω・`)やぁ、また君か
プロフィール

ぬる・・・(ry

Author:ぬる・・・(ry
鉄道と鉄馬と旅とデジタル家電とお酒のブログ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーカー
ご挨拶周りにクルマで国道をダラダラと流していたところ、後ろからものすごい速度で追い抜く黄色いスポーツカー。
後ろを見ると結構古いデザインなので、古いフェラーリかランボルギーニ?と思ったのですが、信号待ちで並んでみると、リアフードから聞こえてくるのはV8特有のエンジン音とキャブNAの吸気音。
そして欧州車ではありえないバカでっかいタイヤ。

デ・トマソ・パンテーラキタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!

タイヤの大きさから見てハイモデルのGTSだったのですが、コンビニで止まった時、仕事途中にもかかわらず不躾ながらお話を聞かせてもらっちゃいました。
写真は勘弁して欲しいといわれたので残念でしたが、コックピットに座らせてもらったところ、200マイルまで目盛ったスピードメーターや10回転刻みのタコメータ、スポーツカー特有のギアボックス。非常に見切りの悪いボディなどはまさに80’sスーパーカー。
70~80年代のスーパーカーブームだった時代、ランボルギーニLP500やフェラーリ308GTBシリーズなどに混ざって、ひときわ異色を放っていた存在でしたが、エンスーの人達に言わせるとパンテーラはスーパーカーではないのだそうです。
なぜならば、フェラーリやランボルギーニは「イタリア製の自社エンジン」を搭載してるのですが、パンテーラはフォードのV8エンジン。
結果として、アメリカではフォードブランドで販売され、どちらかというとアメリカ生まれのドラッグレース車としてのイメージになってしまったのでしょう。

しかし心を呼び覚ますには十分なインパクトでした。
少年時代をにときめいたスーパーカーブーム、ラジコンやプラモデルでもいいので一台欲しいと思ってしまいました・・・
とあるブログの方はワーゲン買ったっていうし・・・

仕事中にもかかわらず見せていただいたオーナーの方、今日は本当にありがとうございました。

↓伝説のパンテーラのお話。興味のある方はどうぞ。
[READ MORE...]




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。