真・業務中のチラシの裏
(´・ω・`)やぁ、また君か
プロフィール

ぬる・・・(ry

Author:ぬる・・・(ry
鉄道と鉄馬と旅とデジタル家電とお酒のブログ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いくら仕事がドタキャンになったからって・・・
P1000569.jpg

バイクに飛び乗り、名古屋まで言ってしまうのはどうかと・・・
そう感じた帰ってきてからの賢者タイム。

今回の行き先
横浜町田IC上(東名高速)⇒名古屋IC降

東山公園⇒名古屋城⇒名古屋駅地下エスカ(矢場とん)

名古屋IC上(東名高速)⇒小牧JCT(中央道)⇒八王子


とりあえず矢場とんの味噌カツは旨かった。

ちなみに行きは東名5時間、帰りは小牧経由の中央道約5時間半でした。
map.jpg

スポンサーサイト
被害総額10万円也
まぁ・・・あまり話すべきことではないんですが、先週のツーリングでXRを壊してしまいました。orz

首都高の湾岸線でタンデムシートに括りつけたカメラバックが落ち、リアタイヤに巻き込んでしまうという事態。
P1000491.jpg
写真ではピンクの丸の部分が内側に折れちゃっているんですね。
ショルダーベルトで吊られて、カメラバッグがバンバン当たっているうちにタイヤに巻き込んでタイヤとリアフェンダーの内側へと行ってしまいました。
そしてナンバープレートがタイヤと接触してタイヤに大きな溝を作り、カーカスまで見えている状態へ。
下手したらバーストする可能性も・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

P1000492.jpg
内側を見る限りでは大丈夫なのですが・・・

とりあえず被害。
DP1S、ザクティ、ポケットWi-Fi、ナビ、財布。
とりあえずざっと計算しただけで10万コース。
財布の現金はボロになりつつも生きてたのですが、カード等は軒並み溶けて使い物にならず。
免許も半分溶けていました。orz
それから直すべきタイヤとリアフェンダー・・・これはディーラーの好意でお安くしてくれるそうですが、いくらになるんだか。

やっぱり自分のツーリングライフでは箱が必須のようです。
いずれにしても事故にだけはならずに済んでよかった・・・

3泊4日ツーリング、in西日本 4日目
名阪国道は高速道路でないのですが、流れが速くて結構大変・・・
東京モンに言わせて貰えば、あんな道は間違いなくネズミと覆面の宝庫・・・と。
まぁそれはおいといて、

4日目は亀山から。
当初予定はなかったのですが、某スレの関係で亀山に集合ということになりました。
場所的にも名阪国道の亀山ICが近かったので、亀山IC近くのホテルで宿泊。

とりあえず、
mini_SANY0200.jpg
道の駅関宿で集合。
右の50ccスクーターが相手の方。あとはヲチの方。

スレの方のオススメで、向かうは鉄板焼きの亀八食堂。
mini_SANY0205.jpg

mini_SANY0203.jpg
やかないか?

mini_SANY0204.jpg
というわけで、食べ終わったとはちょっと寄り道。

mini_SANY0206.jpg
途中、通りかかった。世界の工場。日本では成功したキャッチも世界ではマイナー。
その後はぼろぼろになったグローブを買いに、四日市の南海部品まで送っていただき、解散の流れに・・・コレから東京帰らないとならんからね。
どうもありがとう。


んで、四日市の南海部品から国道で北上するとどっかで見た町の名前。「東員」。
・・・だ!、奴の町なんだ!

というわけでちょっと寄り道。

mini_SANY0218.jpg
んー、逆光は勝利。ちょっと露出が高すぎたか。

mini_SANY0217.jpg
並びでつい撮ってしまった・・・ピントの位置がおかしい。もう少し右寄せで撮れよと後で思ってみたりする。

mini_SANY0219.jpg
セメタキ。昔からのホッパー型に見なれた自分としてはセメントタキって個人的に結構違和感あるんですよね・・・
で、撮影をそこそこに切り上げて、もう少し北上すること東員駅。

mini_SANY0220.jpg
奴。
奴は以前さんざん撮ったので一枚だけで。つか、以前阿下喜で取ったのと同じ車両やん。

というわけで時間も押し迫り、帰宅の時間。
湾岸桑名ICから上がって、途中で撮った最後の一コマ。
mini_SANY0225.jpg
浜名湖。東名乗るたびに必ず浜名湖SAは立ち寄るのですが、いつ見ても夕方の浜名湖は美しい。

15時ちょっと前に東員をでて、途中、小田原周辺でゲリラ豪雨にやられましたが、東京着20時半頃着。
総走行距離、約1900km程度でしたが、実際にはもう少し少ない感じがしました。オフ車であまり飛ばさなかったから疲れも少なかったのでしょうかね。
3泊という長丁場でしたが、とても楽しめました。


|-`).。oO(明日から現実が待ってるさ。)
|彡サッ

地図

3泊4日ツーリング、in西日本 3日目
三日目は大阪からスタートです。
大阪から和歌山ルート、まずは国道25号で有田に向かいます。
有田鉄道は以前来たとき、日曜日が運休と知らずにバスで移動という苦渋をなめさせられました。
そのリベンジもふくまれています。

mini_SANY0143.jpg
有田鉄道の始発駅、藤並駅。
何年か前に改装されたらしく、有田鉄道の陰はなくなってしまいました。

mini_SANY0144.jpg
たしか以前来たときはこの辺から少し奥に有田鉄道の乗り場と線路があったはずなのですが・・・

旧県道22号をひたすら進み、川の橋手前を曲がると・・・
mini_SANY0147.jpg
有田鉄道本社。

mini_SANY0148.jpg
その裏手が旧金屋口駅で、今ではタクシーの車庫になっています。

mini_SANY0150.jpg
看板もきれいに残っていました。
車庫内立ち入り禁止と書かれていたので、一声掛けて入れてもらおうかと思ったのですが、タクシー事務所には誰も居ないので、無理やりズームで取らせてもらいました。

mini_SANY0152.jpg
川の土手にバイクを乗り入れ、土手に沿ってはしるとこんな感じ。
なんか座っていたらいまにも列車が到着しそうな雰囲気です。

さらに土手を走っていくと
mini_SANY0161.jpg
ヨ6000と車庫に隠れているのは三菱DB20モーターカーですね。
昔はここにキハ58003がいたと記憶していたのですが。

さらに土手に沿って進むと・・・
mini_SANY0156.jpg
こんな年代物の貨車も居ました。
ワム、ワフ、トかな?
貨車には「蒲原」って書いてあるのですが、蒲原鉄道が貨物扱いをやめたあと、有田に移籍してきたのでしょうか。保存車って聞いたこともあるのですが・・・?

mini_SANY0164.jpg
土手から県道に戻ると途中に踏み切り跡もあります。
しかし、線路跡は遊歩道整備が行われ、工事の人に聞いてみたところ、以前まで残っていた途中駅の駅舎も解体されてしまったようです。
金屋口に残っている貨車も残されるのか、解体されるか微妙なところです。

有田から高速に乗って、2区間。
今度の目的地は和歌山電鉄。
mini_SANY0165.jpg
伊太祈曽駅から電車に乗ります。
というのも、終点駅の貴志駅は駐車場がないため、バイクが置けないんですね。
そしてここは和歌山電鉄の本社だったりもします。

mini_SANY0188.jpg
10分ほど揺られること、終着の貴志駅。

mini_SANY0175.jpg
貴志駅名物ねこ駅長のたま。1時前だったのか、まだ昼寝中のようです。

mini_SANY0173.jpg
こちらはたまの母親で助役のミーコ。写真慣れしているのか、えらくカメラ視線。

mini_SANY0187.jpg
お昼休みが終わったら、隣の商店からおばちゃんが出てきて、たまを業務につかせます。
どっちが上司なんだかわからんw

mini_SANY0185.jpg
たま、客招きの業務中。
この子は左前足(左手?)に黒の斑点をもっており、左前足に斑点があると客を呼び、右前足に斑点があると金を呼ぶといいます。
まさに招き猫としての業務をこなすにはうってつけ。


動画もあります。
mini_SANY0190.jpg
ちゃんと辞令と委嘱状が発行されており、隣の商店に飾られています。
そういや、今回はチビの姿が見えませんでした。

mini_SANY0193.jpg
業務が終わったらまた一休み。ちゃんと仕事しろよw

mini_SANY0195.jpg
帰りはおもちゃ電車がきました。
mini_SANY0166.jpg
イチゴ電車は車庫で待機のようです。

このあとは東大阪経由で、酷道国道308で暗峠に行く予定でしたが、高速の岸和田から堺に掛けて大雨に降られ、ちょっと危険を感じたので西名阪、名阪国道経由で宿泊地の亀山に向かいます。
mini_SANY0197.jpg



3泊4日ツーリング、in西日本 2日目
東舞鶴のカプセルホテルで一泊し、翌日は+α部分の撮影に出かけます。
しかし、東舞鶴をでた時点での天候は小雨。
防水ブーツにゴアテックスのジャケット、カッパなど一式用意して正解でした。

国道27、178と日本海に沿って走っていくと最初の目的地、天橋立。
mini_SANY0098.jpg
小橋立と呼ばれる橋は、船が通るたびに回転して水路を空けます。
偶然撮影できたので、動画おいときますね。


さらに山だか峠だかわからない道をひたすら進むと・・・
mini_SANY0105.jpg
そして今回のメイン目的地餘部。雨も上がり、薄日も差してきてちょうどいい感じ。
国道をひたすら進み、右カーブを抜けた瞬間、山も一気に開けて目の前に餘部の鉄橋が現れるのです。
そのいきなり開けた雰囲気が何も問いえずに絶句。
mini_SANY0104.jpg
ちょうど撮影中に電車の通る音がしたので、ズームでとってみました。
もうちょっと早くくればよかったな~
mini_SANY0119.jpg
細かいことなどはこのへんで。

mini_SANY0134.jpg
mini_SANY0137.jpg


もう100年以上稼動しているこの橋も、ついに架けかえのときが来たそうです。
2013年にはコンクリート橋に架け替えられてしまうので、鉄橋特有の音も聞けなくなるそうです・・・
建造物遺産として残す、残さないでもめているようですが、個人的には日本の文化として残しておいて欲しいですね。

この日はこのまま大阪に戻り、大阪で一泊なのですが、福知山でちょっときになった看板。
mini_SANY0140.jpg
こんな看板のお店ってまだ残ってるんですねぇ・・・w
以前は新宿にもありましたが。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。